日本動物高度医療センター 川崎の施設のご案内です。

診療科・施設のご案内


施設のご案内

入院室

  • 最大120頭を収容できる入院ケージ数。超大型犬にも対応可能なケージを設置。 集中管理のできるICUケージも設置。 犬と猫は別々に管理している。

    入院室
     
    ICU DOTICU
    温度、湿度、酸素が管理された集中治療ケージで、術後など呼吸、循環、代謝が機能低下している患者の容態を考慮した設備です。

    DOT自家発電装置
    停電時すぐに稼働する自家発電装置を設置している。非常停電時でも動物の生命維持の確保に努める。

手術室

  • 手術内の圧力が外よりも高い陽圧手術室。ウイルスをブロックできるヘパフィルター、落下細菌等が増殖しにくい壁床構造、停電時でも手術が継続できる自家発電装置、術中にX線が撮影できる手術室や眼科専用の手術室など全6部屋。   手術室

臨床検査

  • 各種血液・生化学・止血系・遺伝子検査・血球診・組織診・病理検査

    【臨床検査業務託の外部委託】

    人医療の臨床検査で実績のある株式会社サンリツが獣医臨床検査センターとして、サンリツセルコバ検査センターを設立、センター内にブランチラボ方式で、血液検査、細菌検査、病理組織検査などセンター内の検査だけでなく外部からの依頼された臨床検査も受託している。

    サンリツセルコバ検査センター
      サンリツセルコバ検査センター
  • 日本動物高度医療センターグループ
  • 連携動物病院検索
  • 献血のお願い
  • 採用情報・実習・見学
  • セミナー・学術情報
  • Get Adobe Reader
  • Get Adobe FLASH PLAYER

このサイトをご覧いただくにはFlash PlayerとAdobe Readerが必要です。